借地権買取りなら無料相談を利用しよう

地主が借地人に請求

地主と借地人間で借地権の売買が行われる場合、どのような状況が考えられるでしょうか。地主が借地人から借地権を返してもらい土地を利用するなり売買したい場合と借地人が地主に借地権を売ってお金を得たい場合が考えられます。

前者は、どのような形でなされるでしょうか。基本的に、地主は借地人から借地権を買い取る権利はないですし、借地人も地主からの買取り請求に応じる必要はありません。契約期間中は借地借家法に守られていますし、契約の更新も借地人有利に制度が設計されています。

ということは、地主が借地人から借地権を買取るというのは、借地契約を解除できるかどうかそして解除できた場合にどれくらいお金が支払われるかという問題なのです。基本的に、借地契約期間中に地主は借地契約を解除することはできません。何度催告しても地代を払わないなどという深刻な債務不履行が借地人に認められる場合にようやく解除できるだけです。また、当初の借地契約期間が経過しても自動更新が予定されています。更新に対し異議を述べることはできますが、地主は、立退料を支払うことを含めた正当事由を主張することになります。この立退料が俗にいう地主による借地権買取りというものです。

そして、正当事由とは、地主の借地を買い戻す必要性、借地契約の存続期間、借地人の借地利用の態様などを総合的に考慮したものです。正当事由の主張は最初の更新であれば特に難しいものとなります。建物が老朽化していないからです。当然に立退料も高額なものとなってきますし、高額にしたからといって認められるとは限りません。以上のように地主による借地権買取りとは借地契約解除の問題なのです。

借地契約の終了
Previous post
借地権を知ろう
Next post