借地権買取りなら無料相談を利用しよう

借地権を知ろう

土地所有者だから借地権なんて知らない、マンション借りて住んでいるからどうでもいいといった考えには注意が必要です。では、相続が起きたらどうなるでしょう。たとえば、両親の家が建っている土地の場合、それは所有権なのか、賃借権・地上権なのか、それとも使用貸借権になるのかといったように分かりにくいことの方が多いものです。ご両親の一方に相続が開始されたらその子供にも借地権にまつわるトラブルに巻き込まれる可能性があります。

借地権とは建物所有を目的とした土地の賃借権と地上権のことです。ただ、一般的には賃借権と考えてもらって結構です。地上権は所有権に近いとても強力な権利であるため、賃借権で事足りるところを地主が地上権をわざわざ設定しないのです。しかし、借地権である賃借権は、パソコンや車などを借りたりする賃借権とは異なり、家という生活の基盤を支えるものであるため、借地借家法によって強化が図られています。具体的には、通常の賃借権より存続期間が長い、地主による解除権が制限されているなどです。

では、借地権買取りはどのようなときに行われるのでしょうか。ここで、借地権のついた土地を底地と呼びます。底地は、通常の土地に比べて非常に価値が低いです。相続税を計算する場合は別ですが、底地を売買するとなったら通常の土地の価値の1割にも満たず、流通もほぼしていません。土地を利用できないのに買う意味などないからです。ただ借地人に売る目的で底地を扱う業者はありますが。対照的に借地権買取りは頻繁に行われます。土地を利用する権利の売買であるからです。借地権買取りは、地主と借地人間で行われるものと借地人が第三者に買い取ってもらう場合が考えられます。

地主が借地人に請求
Previous post
借地権を知ろう
Next post