借地権買取りなら無料相談を利用しよう

借地契約の途中には

次に借地契約途中時の場合です。この場合においても借地人に借地権を地主に売る権利はなく、地主に借地権を買取る義務はありません。このケースは、多くの借地人のみなさんが抱えている問題です。どうにもできないのでただ賃借料を払い続けているという方もいらっしゃいます。借地契約を途中で解除する場合、原状回復義務が生じるので建物を撤去して更地にして地主に明け渡さないといけません。建物買取請求権は、借地契約満了時にしか生じないのです。そうすると、建物を誰かに貸したり、または建物を譲渡したりする必要が出てきます。この場合、地主の同意が必要となります。地主が反対したら、この場合は建物買取請求権を行使することができます。また、裁判所に申し立てることにより強制的に同意を得ることもできます。ただ実際は、建物を貸したり、譲渡したりする相手を探すのが難しいと言えそうです。

そこで、借地権買取りのプロに任せることになります。借地権買取りのプロであれば、建物を貸したり、譲渡したりする相手を探したり、そして、相手が見つかるまで待つ必要はありません。借地権買取りのプロが地主の承諾を得るために尽力し、地主の承諾が得られたのであれば、その借地権買取りのプロに建物所有権、借地権が譲渡され、借地人はその後の煩わしい法律関係から解放され、建物、借地権その他を金銭化することができるのです。

参照HP─借地権の売買・売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

借地契約の途中には
Previous post
借地契約の終了
Next post